調剤薬局のお仕事 | 薬剤師キャリアアップガイド

Home » 薬剤師キャリアアップガイド » 調剤薬局のお仕事

調剤薬局のお仕事

調剤薬局のお仕事は場所によって少し異なると言われており、就職や転職する際に調剤薬局を希望する人は詳細をよく確認しておく必要があります。
調剤薬局は薬剤師資格を持つ人がもっとも多く就職先として選ぶところで、複数の病院と提携している独立したところと病院内にあるところの2種類に分かれます。

業務は基本的にどこも同じで、患者さんが持ってきた処方箋に沿って薬を調合するのがメインとなります。
それに加えて薬の飲み方を説明したり、患者さんの体調や副作用の経験を聞いてアドバイス等もしています。
一般的に薬剤師の仕事は薬を調合するだけだと思われていますが、実際はそれだけではなく患者さん一人一人に合った薬を提供するために努めているのです。

調剤薬局には管理薬剤師と呼ばれる責任者がいて、業務は管理薬剤師の指示のもとに進めていきます。
たとえば処方箋に基づいて薬を調合する際にも管理薬剤師の許可がなければできませんし、服用指導のやり方や薬剤師としての心構えなど様々なことを学びます。
初めて調剤薬局に勤務した人はまず管理薬剤師からそこで働くうえでの決まりなどを教えてもらい、それに従って業務ができるようにしていかなければなりません。
そして徐々に慣れてくると新人指導をしたり、業務を任されたりするようになります。

つまり薬剤師としてスキルアップするなら良い管理薬剤師と出会えるかというのも大きな要素ですから、円滑な人間関係を築いておかなければなりません。
調剤薬局は薬剤師だけで営業しているところも多く、狭い空間で働くので常にコミュニケーションを取り合いますし良好な人間関係というのも重要になります。
そのためにはしっかりと会話を交わし、お互いに気持ち良く働けるような気遣いをしていかなければなりません。

はじめのうちは厳しいことも言われるかもしれませんが、そういった経験は薬剤師としてのスキルアップに繋がりますし早く理解しようというモチベーションにもなるでしょう。

薬剤師キャリアアップガイド