病院でのお仕事 | 薬剤師キャリアアップガイド

Home » 薬剤師キャリアアップガイド » 病院でのお仕事

病院でのお仕事

近年病院で勤務する薬剤師が増えてきていますが、病院薬剤師のお仕事はより患者さんと密接した関係のあるのが大きな特徴です。
病院勤務の薬剤師は調剤薬局と異なり、患者さんへ直接コミュニケーションを取りにいって情報収集を行い薬を調合していきます。

調剤薬局の場合薬剤師は患者さんが処方箋を持ってきてから薬を調合しますが、病院では入院患者にその都度薬を提供していかなければならないのであらかじめ体調や副作用の経験などを聞いておかなければなりません。
患者さんの中にはなかなか自分の話をしたがらない人もいますから、心を開いてもらうための工夫が必要となります。
また病院に勤務するのは薬剤師だけでなく、医師や看護師などそのほかの医療従事者もたくさんいます。
ですからそういった人たちとも連携しながら治療を進めていかなければならないので、コミュニケーションスキルは他の職場よりも重要になるでしょう。

現在医療現場の多くがチーム医療と呼ばれるスタイルを採用しており、それぞれのジャンルごとにエキスパートを集めて協力しながら治療をするようになっています。
つまり自分のことだけをやっていればいいわけではなく、お互いに助け合いながら業務をこなしていくように心がけておかなければなりません。
大変な仕事になることもあるかもしれませんが、それは結果的に自分のキャリアアップにも繋がりますしより薬剤師の知識を生かせるようになるでしょう。

今後日本はさらに高齢化が進んでいくことが予想されており、病院の需要はますます高まっていくはずです。
そういった現状からより早く業務をこなせる薬剤師は重宝されますし、コミュニケーションスキルの高い薬剤師は病院にいい評判を呼んでくれます。
これから病院薬剤師になりたい人は薬剤師として必要な知識を得るだけではなく、患者さんとスムーズなコミュニケーションを取るためにはどうすればいいのかも考えておかなければならないのです。

薬剤師キャリアアップガイド