ドラッグストアのお仕事 | 薬剤師キャリアアップガイド

Home » 薬剤師キャリアアップガイド » ドラッグストアのお仕事

ドラッグストアのお仕事

近年薬剤師の働く場所として急速に需要が高まってきているドラッグストアですが、その仕事内容はどういったものなのでしょうか?
ドラッグストアの業務は他の薬剤師の業務と大きく異なり、薬剤師としての仕事がメインではありません。
品出しやレジ、接客など店内作業がメインとなりますので、他の従業員と一緒にそういった業務をこなしていくところが一般的です。
それではなぜ薬剤師が必要なのかと言うと、ドラッグストアでは医薬品を扱うところが多いからです。

医薬品を販売する場合薬剤師の指導がなければいけませんから、常駐させておかないとなかなか売ることはできません。
ドラッグストアに行くと「薬剤師が不在のため現在ご購入いただけません。」という張り紙がされている商品を見たことがある人もいると思いますが、薬剤師が不在の時間帯にはそこへ所属していても販売することができないのです。
ですからドラッグストアでは常に薬剤師がいる環境にしておきたいと考えており、薬剤師求人を積極的に出しています。

ドラッグストアの薬剤師求人は正規雇用だけでなくアルバイト雇用のものもあり、これまで薬剤師資格を持っていても働くことができなかった主婦の人なども採用しています。
特に深夜まで営業しているドラッグストアは営業時間が長いですから、その分数も必要になりますので短時間でも働ける薬剤師は非常に助かるのです。

しかしドラッグストアでは薬剤師としてのスキルアップが難しいという声もあがっており、薬学生からはやや敬遠されている部分もあります。
これは薬剤師業務が少ないことが大きな理由としてあげられますが、たとえば調剤薬局を併設しているドラッグストアなら薬剤師業務をこなしながら店内業務をこなすので通常なかなか身に着けることができない接客のスキルも同時に高めることができます。
今や薬剤師は薬の調合だけをやっていればいい時代ではありませんし、患者さんとのコミュニケーションは重要なポイントなのでドラッグストアで得られるものも大きいのではないでしょうか?

薬剤師キャリアアップガイド